診察のご案内

診療受付時間

月・火・木・金曜日
8:00~12:30、14:00~18:15
水・土曜日
8:00~12:30

休診日

日曜日・祝祭日
夏季休業 8月14~16日
年末年始 12月29日午後~1月3日

外来診療担当表

令和2年2月28日より
診察室
第一
午前
久保
久保
久保
井上
久保
久保
午後
/
久保
/
/
第二
午前
井上
井上
井上
(10:30~)
長谷部
井上
(10:30~)
井上
午後
/
/
井上
(15:00~)
/
内視鏡
/
/
井上
/
井上
日赤
(第三土曜)
回診
/
井上
/
久保
/
/

検査内容一覧

内視鏡

上部・下部消化管

腹部超音波検査(US)

心臓・腹部・頸動脈

CT検査

頭部・胸部・腹部・骨盤部

内視鏡検査を受ける方へ

内視鏡検査を受ける方へ
検査流れと注意事項をまとめています。検査を受ける前に必ずお読みください。

検査前の注意

心臓病や脳梗塞などのため、血液を固まりにくくする薬剤を服用している方は、組織採取やホリープの切除ができない場合があります。現在服用している薬の一覧か現物を持参してください。

※下部消化管内視鏡検査は予約が必要です。あらかじめ診察を受けてください。
上部消化器内視鏡検査を受ける方へ

1.検査前日

検査前日の注意事項

夕食は軽めにとり、午前9時以降のの飲食は禁止です。飲み水はOK
早めの就寝を心がけましょう
※安全を期すため献血など事前検査が必要な場合もあります。

2.検査当日

自宅での注意事項

食事、水(水は少量に)を除くジュース飲み物、たばこ、薬などは禁止
お腹をしめつけない楽な服装でご来院ください。

3.検査当日

前処置室での準備

荷物、上着などは所定の場所へおいてください。
グラグラする義歯やコルセット、時計·メガネ等ははずします。口紅もとってください。

4.検査当日

前処置室での準備

胃の運動を止める薬を注射し、白い液体の薬(消泡剤)を飲みます。
のどの刺激反射が強い方、えずきやすい方は申し出てください。鎮静剤を注射し、楽に検査が受ける事ができます。

5.検査当日

前処置室での準備

検査室に移動し、のどの麻酔等をしばらくのどにためた後、うがいをします。ベルトをゆるめ、検査台の上に左を下にして横になります。

6.検査当日

内視鏡検査の開始

マウスピースを口にくわえます。
内視鏡をマウスピースを通して挿入していきます。

7.検査当日

内視鏡検査

力を抜いてラクにしてください。
唾液は飲まず、そのまま外に出してください。

8.検査当日

内視鏡検査

医師はモニターに映る咽頭、食道、胃、十二指腸を酢水みまで観察します。
検査は5~15分で終了します。

9.検査当日

検査終了

検査が終わって身支度を整えたら、主治医より検査の説明をします。
気分が悪い時や変調のある時は、すぐにスタッフまでお申し出ください。
鎮静剤を注射した方は点滴をし、約2時間は病院で休んでから帰宅していただきます。その際、長時間の車の運転、高所でのお仕事は避けてください。

10.検査当日

検査後の注意事項

飲食は喉のしびれが消えたら可能です(約1時間後)。激しい運動は避けてください。
下部消化器内視鏡検査を受ける方へ

1.検査前日

検査前日の注意事項

当院「大腸内視鏡検査の準備表」に基づいた食事内容及び前処置を行います。下剤は決められたように服用してください。
早めの就寝を心がけましょう。夜間排便の為、何回か目が覚めます。安定剤の服用は避けましょう。
※安全を期すため採血など、事前検査が必要な場合もありま

2.自宅での注意事項

自宅での注意事項

自宅で「大腸内視鏡検査の準備表」に基づいた手順で下剤を服用していただきます。
何度かトイレに通うと水様便になります。
便の色が黄色透明程になりましたら、当院までお電話で来院時間を、お問い合わせください。
なお検査は通常、午後からになります。
※ジュース以外の水分は充分摂取してください。

3.検査前日

前処置室での準備

排便習慣、手術歴、前日からの排便回数、便の性状等をお聞きいたします。
検査着に着替えます。

4.検査前日

検査室での処置

検査台に横になって点滴をさせていただき、腸の緊張をやわらげる薬を注射します。
※点滴をしながら検査を受けていただきます。

5.検査前日

内視鏡検査の開始

肛門から内視鏡を挿入力をぬいてラクにします。
痛みが強い場合は、鎮痛剤を注射します。我慢をせず申し出てください。

6.検査前日

内視鏡検査

医師は、モニターに映る腸内を、隅々まで観察します。検査は数十分で終了します。
※検査時間は患者さんごとで多少異なります。

7.検査前日

検査終了

検査が終わったら、身支度を整え主治医より検査結果を説明いたします。
気分が悪い時や変調のある時は、すぐにスタッフまでお申し出ください。
鎮痛痛剤を注射した方は点滴を受け病院で休んでから帰宅していただきます。その際、車の運転はできません。

8.検査前日

検査後の注意事項

おなかが張ってくるので、オナラをどんどん出してくださいい。
飲食はお腹の張りがとれたら可能です。激しい運動は避けてください。
※気になる症状がある時は、病院にお問い合わせください